あきた4コマち!
FC2ブログ


「秋田弁!単語カード」好評発売中です!



車移動中心で運動不足

歩く習慣 日常生活に工夫
20190118s.jpg

新しい年が明けましたが、今の時期は年末年始の慌ただしさから日常の生活リズムへと落ち着く、そんな頃ですね。今年は例年よりは雪が少なく、落ち着いた年末年始を過ごされた方も多かったと思います。そんな年末年始の楽しみといえば、やはり帰省した家族や友人たちとの美味しい料理とお酒、そして楽しい語らいですね。しかし、その代償で気がつけばちょっとおなか周りが、、、といった方も多いのでは。例年なら雪寄せでカロリー消費できましたが、今年はこうしたお悩みをおなかのたるみと一緒に抱えてる方も少なくないのでは。


東京をはじめとする大都会では電車が主な移動手段であるので、自宅から駅へ、そして駅構内、駅から職場へと普段から歩くことが日常に組み込まれているので健脚なのです。しかし秋田をはじめとする地方では買い物や通勤はマイカー移動がメインなので、どうしても日常的に運動不足になりがち。意識して「歩く」ということを心がけないと、なかなか日常生活だけでは運動不足の解消は難しいものです。定期的に運動を心がけている方以外が意識的に運動をするにはやはり強い意志が必要で、そうした意味でも日常の生活で身体を動かすようにできれば…、と思う方も少なくないでしょう。普段、立ち仕事をされてる人ですとそんなにでもないですが、「移動は車、仕事はデスクワーク」という方は気をつけなければいけないでしょうね。


そういう私も仕事柄、机に向かっての仕事が大半を占めています。しかしこれではいけないと思い半年前、机を嵩上げして立ちながら仕事をするスタイルにしました。最初はなかなか慣れませんでしたが現在はとても快適で、効果としてはジーンズの腰回りや脚周りが緩く感じられるほどになりました。

他に日常に取り入れる運動不足解消法ですが、たとえば大型ショッピングセンターに車で行った場合、目的のテナントの近くではなくあえて離れた場所に車を停める、こうすることで必然的に歩く距離が増えます。

あまり普段の生活に無理を加えず、さりげなく負荷をかけることでちょっとした運動不足の解消に。ぜひお試しください。


(文・漫画 こばやし たけし)
(朝日新聞秋田版 2019年 1月23日掲載)


コートは着ない

秋田の冬 根性見せる男子

  • 201812.png 

2018年も残すところあとわずか、そんな慌ただしい日々と相まって次第に寒さも増してきました。こうした寒さをはじめとする「冬の厳しさ」を日常感じることはとても多いでしょう。

 たとえば朝、布団の温もりに未練タラタラ、雪掻き作業に疲労でヒイヒイ、ノロノロ運転の通勤ラッシュにイライラ、アイスバーンやホワイトアウト時の運転にハラハラ。このようにこうした寒さや雪による日常のストレスはかなりのものです。まあ雪と寒さは北国秋田の宿命ではありますが、こうしたことを日頃体感していると、地球温暖化で秋田の温度が南国並にならないかな、とか不謹慎なことを少しですが思ったりもします。

 

冗談はさておき、しかしこれらの寒さや雪がなければ、秋田の冬の風物詩がなくなってしまうので、やはりそれは寂しいですよね。秋田には冬の催しや小正月行事がたくさんありますし。そしてなにより、冬の夜に凛とした静寂と澄んだ空気のなかで、雪が音もなくしんしんと降り積もる、そんな雪国ならではの光景はやはりいいものです。

 そんな秋田の冬の妙な風物詩といえば、「男子高校生は真冬でも大半はコートを着ない」です。

秋田にずっと住んでいると、当たり前のことだとばかり思っていたのですが、全国的にはとても奇妙に感じられるようです。ここ何年かテレビ等で取り上げられ、全国的にも話題になりました。かくいう私も高校生だった約三十年前も当然着ていませんでした。どうしてこのような奇妙な「風物詩」ができたのか?。これには諸説ありますが、一般的にはコートを着るヤツは軟弱、カッコ悪い、もしくはカッコつけてるように見られる、といったものが理由として上がります。まあこの年頃はそういう斜に構えた傾向にありますので、男としてはわかる気がしますね。あと、コートに隠れがちですが手袋もはめません。いずれにせよ、寒さを見栄と気合いで乗りきる秋田の若者は、なかなかいい根性をしてると思います。この「伝統」(?)がいつまで続いていくのか、興味深く今後も追っていきたいですね。

(文・漫画 こばやしたけし)
(朝日新聞秋田版 2018年12月19日掲載)


NEXT≫
このブログについて
このブログは「秋田県」に関するネタを、4コママンガで展開しております。 秋田県に縁がある方もそうでない方も、どうぞお気楽にご覧ください。
■COUNT
■PR
漫画で伝える、「comic-take」〜コミックテイク〜
■PROFILE

こばやし たけし

Author:こばやし たけし
4コママンガ描き イラストレーター
お仕事とかメディア掲載情報はこちら


秋田についての言葉、文化、食、土地柄とかをこのブログにて紹介しています。

ご意見、ご要望、依頼等は
akitayonkomachiあっとyahoo.co.jp(あっとを@にして下さい)までお願い致します。
お仕事の詳細については下のバナーをクリックしてください。

attakeban.jpg
イラスト、グラフィック、マンガ、オリジナルキャラクター制作サイト[studio at-take] ~スタジオ アットテイク~

■書籍化してます!!
■facebook
twitter
■キャラ紹介
1
◇神宮寺みなせ
横浜から秋田に転校してきた女のコ。 秋田の風習や言葉等に戸惑いながらも日々奮闘中。
1
◇本荘ユリ
みなせのクラスメート。性格はかちゃましねぐってえふりこぎ。(口うるさくて、見栄っ張り)。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。
1
◇六郷ミサト
成績優秀で理論派だが、多少妄想癖が。ユリとは幼なじみでケンカばかり。
1
◇井川わかみ
隣りのクラスでユリの部活仲間。大食漢で食べ物に詳しい。
1
◇尾去沢かづの
口が悪く、短気で直情的。しかし怖いものが嫌いという面も有り。
1
◇八竜みたね
かづのの幼なじみ。穏やかだが腹黒い。
1
◇琴丘タツ子
みなせ達の担任で英語教師。英語と秋田弁を使いこなすバイリンガル。酒豪でもある。
1
◇矢島にかほ
理科教師。身内にマタギとババヘラアイス売り子となまはげがいる。クールな風貌ながら悪ふざけが好き。
■CATEGORY
■アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
89位
アクセスランキングを見る>>