あきた4コマち!
FC2ブログ


「秋田弁!単語カード」好評発売中です!



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行列や人混み

「人がいない」印象と隔たり

  • 201902.jpg 

このあいだ年が明けたと思っていたら、はやいものでもう立春も過ぎてしまいました。
北へ帰るハクチョウの声も聞こえはじめ、少しずつ春の訪れを感じられる時期になります。

さて、新年度のスタートである四月まではまだありますが、現在それに向け進行形で新しい生活や仕事の準備をそれこそ水面下で一生懸命水掻きをするハクチョウのように動いている方々もたくさんいることでしょう。

たとえば街をみると新しい建物が出来てきたりお店が建設中だったりと、そうしたところからも春のスタートに向け準備が進められているのが見受けられます。
新しいお店といえば、昨年秋田市に全国チェーンのステーキ店が出店したところ、連日行列ができるというニュースがこぞって流れたことは記憶に新しいかと思います。
思い返してみれば、秋田でこうした風景は珍しいことではありません。過去にもコンビニだったり、牛丼屋、カフェであったり…。
こうしたお店が秋田に出店してくるのは、たいてい全国的に最後の方だったりします。それだけに「やっときたか!」と待ちわびていた期待感があの行列に反映されているのかもしれないですね。なんといいますか、秋田にこうしたお店がくると「やっと秋田も全国並みになったか」とか「人口減少といってもこうして出店してくるんだからまだまだ秋田もだいじょうぶだ!」といった、ある種の「謎の安心感」を感じる方も多いのではないかと思います。

こうした行列や混雑を目の当たりにすると、秋田県は人口密度が低いせいもあってそれほど人混みを体験する機会は日常的に無いので、いざこうした開店やイベントがあるとそのギャップに戸惑ってしまうことが多いです。たとえば、とあるイベントに「人気タレントが来秋!」ということを知った時、「秋田はそんなに人がいないから余裕で見られるでしょ?」とイメージで決めつけ時間ちょうどに着くように会場へ向かうと、周辺道路は渋滞で駐車場は満車状態。焦りながらなんとか駐車スペースを見つけていざ会場へ向かうと、すでにあまりの人の多さでそのタレントが見えなかったことがありました。イメージだけで決めつけるのはホント良くないですね、反省。



(文・漫画 こばやし たけし)
(朝日新聞秋田版 2019年 2月20日掲載)

スポンサーサイト

車移動中心で運動不足

歩く習慣 日常生活に工夫
20190118s.jpg

新しい年が明けましたが、今の時期は年末年始の慌ただしさから日常の生活リズムへと落ち着く、そんな頃ですね。今年は例年よりは雪が少なく、落ち着いた年末年始を過ごされた方も多かったと思います。そんな年末年始の楽しみといえば、やはり帰省した家族や友人たちとの美味しい料理とお酒、そして楽しい語らいですね。しかし、その代償で気がつけばちょっとおなか周りが、、、といった方も多いのでは。例年なら雪寄せでカロリー消費できましたが、今年はこうしたお悩みをおなかのたるみと一緒に抱えてる方も少なくないのでは。


東京をはじめとする大都会では電車が主な移動手段であるので、自宅から駅へ、そして駅構内、駅から職場へと普段から歩くことが日常に組み込まれているので健脚なのです。しかし秋田をはじめとする地方では買い物や通勤はマイカー移動がメインなので、どうしても日常的に運動不足になりがち。意識して「歩く」ということを心がけないと、なかなか日常生活だけでは運動不足の解消は難しいものです。定期的に運動を心がけている方以外が意識的に運動をするにはやはり強い意志が必要で、そうした意味でも日常の生活で身体を動かすようにできれば…、と思う方も少なくないでしょう。普段、立ち仕事をされてる人ですとそんなにでもないですが、「移動は車、仕事はデスクワーク」という方は気をつけなければいけないでしょうね。


そういう私も仕事柄、机に向かっての仕事が大半を占めています。しかしこれではいけないと思い半年前、机を嵩上げして立ちながら仕事をするスタイルにしました。最初はなかなか慣れませんでしたが現在はとても快適で、効果としてはジーンズの腰回りや脚周りが緩く感じられるほどになりました。

他に日常に取り入れる運動不足解消法ですが、たとえば大型ショッピングセンターに車で行った場合、目的のテナントの近くではなくあえて離れた場所に車を停める、こうすることで必然的に歩く距離が増えます。

あまり普段の生活に無理を加えず、さりげなく負荷をかけることでちょっとした運動不足の解消に。ぜひお試しください。


(文・漫画 こばやし たけし)
(朝日新聞秋田版 2019年 1月23日掲載)


NEXT≫
このブログについて
このブログは「秋田県」に関するネタを、4コママンガで展開しております。 秋田県に縁がある方もそうでない方も、どうぞお気楽にご覧ください。
■COUNT
■PR
漫画で伝える、「comic-take」〜コミックテイク〜
■PROFILE

こばやし たけし

Author:こばやし たけし
4コママンガ描き イラストレーター
お仕事とかメディア掲載情報はこちら


秋田についての言葉、文化、食、土地柄とかをこのブログにて紹介しています。

ご意見、ご要望、依頼等は
akitayonkomachiあっとyahoo.co.jp(あっとを@にして下さい)までお願い致します。
お仕事の詳細については下のバナーをクリックしてください。

attakeban.jpg
イラスト、グラフィック、マンガ、オリジナルキャラクター制作サイト[studio at-take] ~スタジオ アットテイク~

■書籍化してます!!
■facebook
twitter
■キャラ紹介
1
◇神宮寺みなせ
横浜から秋田に転校してきた女のコ。 秋田の風習や言葉等に戸惑いながらも日々奮闘中。
1
◇本荘ユリ
みなせのクラスメート。性格はかちゃましねぐってえふりこぎ。(口うるさくて、見栄っ張り)。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。
1
◇六郷ミサト
成績優秀で理論派だが、多少妄想癖が。ユリとは幼なじみでケンカばかり。
1
◇井川わかみ
隣りのクラスでユリの部活仲間。大食漢で食べ物に詳しい。
1
◇尾去沢かづの
口が悪く、短気で直情的。しかし怖いものが嫌いという面も有り。
1
◇八竜みたね
かづのの幼なじみ。穏やかだが腹黒い。
1
◇琴丘タツ子
みなせ達の担任で英語教師。英語と秋田弁を使いこなすバイリンガル。酒豪でもある。
1
◇矢島にかほ
理科教師。身内にマタギとババヘラアイス売り子となまはげがいる。クールな風貌ながら悪ふざけが好き。
■CATEGORY
■アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
981位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
121位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。