秋田ネタ4コママンガ「あきた4コマち」 : あきた4コマち!


「秋田弁!単語カード」好評発売中です!


 
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一話「邂逅」

001.jpg


日が良い(11/11)カンジでゾロ目だったので、今日から開始です。
なんとか続けていこうと企んでますので、ひとつよろしゅうです。

秋田について、言葉、文化、食、土地柄とかをこの4コマで伝えることができたらいいナ、という思いを込めてこのページを立ち上げました。


基本的に秋田弁がベースになっております。ので一応訳をつけてフォローしておきます。

2コマ目
「きのう、なんとだったー?」   (昨日、どうだったー?)
「あー、あいがー?」            (あー、あれの事?)

3コマ目
「やっぱりあっこはがりっといがねばねーべ?」  (やっぱりあそこは気合いいれていかなきゃいけないよ)

「んだどもや けっこーこえーんだや? そったごどいうんだばんがやってみれっ」
(そういうけどさ、結構大変なんだよ? そんなこというんだったら自分でやってみてよっ)


てなカンジに訳されます。しかし秋田弁を活字にするとますます難解ですなあ。(笑)
スポンサーサイト

第二話 「糠喜」

002.jpg


秋田弁用語の基礎知識1     「へば」

「へば」とは単純に訳すと「それでは」とか「それじゃあ」とか「では」とかの意。
「まんず」(まず)と共に使用される事が多々あります。


標準語「それでは会議に入りたいと思います」

秋田弁「へばまんず会議さ入るスな」

「へば」の代わりとして「せば」「てば」でもおっけーです。
あと「まんず」も「まんつ」でもおっけーです。

あと、別れの挨拶とか電話を切る時にも必須です。


標準語「俺そろそろ帰るから、それじゃあ、また」
秋田弁「おい(俺)そろそろけえっから、へば、まんつな」

出張や旅行で秋田に来た時はぜひとも「へば、まんつな」を別れ際にはぜひとも使用してください。
これを使えば秋田美人はゲットしたも同然です。(本気にしないで下さい)。

第三話「印象」

003.jpg


今回は秋田弁通訳いらないと思いまして、訳はナシです。
二コマ目の「秋田の印象ってどう?」は実は「秋田の印象ってなんとだ?」にする予定だったのですが、それではまた第二話と同じ展開になってしまうのであえて標準語で。

これは私の偏見かもしれませんが、都会のヒトの『秋田』のイメージってのは
田舎なんでしょうね。まあ、善くも悪くも田舎なのですがイメージ的に『日本昔ばなし」的な背景を抱いてるヒトも少なくないのではないかと。
以前県外に勤めていたとき、冗談かもしれませんが「秋田って一般家庭でもいろりで料理してるの」とか真顔で言われたりしたことがあったりして、私自身若かったので結構カチンとしてしまったり。

はじめて秋田市に来た友人とかに印象を聞くと、たいてい「もっと田舎だと思ってた」とかが多いですね。みんなどんだけ田舎を想像してるのか、、、。

第四話「空回」

004.jpg


今回は基本的な4コマ展開です(笑)。
タツ子先生は英語の先生という設定になりました。

オチのみなせが『笑介』ってるのはナイショです。

第五話「拝聴」

005.jpg


今回は訳無いと難しいですので、以下訳。

1コマ目

「んだったて」  → 「そんな事言ったって」

2コマ目

「あいーっ、ばがしゃべすなッ」 → 「何ーッ、馬鹿な事喋んないでよッ!」

3コマ目

「んだはで」→ 『そんな事言ったって」

「おべだふりして」→ 『覚えたふりして」

「このホジナシッ!」→「この本地無しッ!」(馬鹿とかの意でよく使います)

「やがましねッ」→ 「やかましいッ」「うるさいッ」

「はんかくせごとばりゆーなッ」→ 「馬鹿みたいな事言うなッ」

『腹わりごどッ!」 →「ムカツクッ!」

ですね(汗)。
なんか訳すのが難しいのもありますねー。「ホジナシ」とかは普段結構使ってるわりには言葉の意味が分からなくて、調べてなるほど、と思えるのもありました。

『秋田弁では、近畿地方で古い時代に使われていた単語(いわゆる「古語」)が多く残っていると言われる。これは柳田國男の「蝸牛考」の「方言周圏論」に基づく考え方である。例えば「馬鹿・阿保」を「ほじなし」というが、「本地なし」=「小作農」より転化したものだと言われている。これは奈良時代に生まれた言葉で、馬鹿・阿保という言葉よりずっと昔からある。その昔は都で使われ、小作農を差別するための言葉だった。しかし、「馬鹿」「阿呆」など新しい言い回しの誕生により、じわじわと周辺部に押し出されて広がり、秋田に根を張ったのだと考えられている。』

以上「ウィキペディア~秋田弁~」より抜粋。

あ、今回登場した『六郷ミサト』の名字の読みは「ろくごう」です。
六郷町、今は美郷町になりました。なんかゴロが良かったので、、。
NEXT≫
このブログについて
このブログは「秋田県」に関するネタを、4コママンガで展開しております。 秋田県に縁がある方もそうでない方も、どうぞお気楽にご覧ください。
■COUNT
■PROFILE

こばやし たけし

Author:こばやし たけし
4コママンガ描き イラストレーター
お仕事とかメディア掲載情報はこちら


秋田についての言葉、文化、食、土地柄とかをこのブログにて紹介しています。

ご意見、ご要望、依頼等は
akitayonkomachiあっとyahoo.co.jp(あっとを@にして下さい)までお願い致します。
お仕事の詳細については下のバナーをクリックしてください。

attakeban.jpg
イラスト、グラフィック、マンガ、オリジナルキャラクター制作サイト[studio at-take] ~スタジオ アットテイク~

■書籍化してます!!
twitter
■CATEGORY
■キャラ紹介
1
◇神宮寺みなせ
横浜から秋田に転校してきた女のコ。 秋田の風習や言葉等に戸惑いながらも日々奮闘中。
1
◇本荘ユリ
みなせのクラスメート。性格はかちゃましねぐってえふりこぎ。(口うるさくて、見栄っ張り)。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。
1
◇六郷ミサト
成績優秀で理論派だが、多少妄想癖が。ユリとは幼なじみでケンカばかり。
1
◇井川わかみ
隣りのクラスでユリの部活仲間。大食漢で食べ物に詳しい。
1
◇尾去沢かづの
口が悪く、短気で直情的。しかし怖いものが嫌いという面も有り。
1
◇八竜みたね
かづのの幼なじみ。穏やかだが腹黒い。
1
◇琴丘タツ子
みなせ達の担任で英語教師。英語と秋田弁を使いこなすバイリンガル。酒豪でもある。
1
◇矢島にかほ
理科教師。身内にマタギとババヘラアイス売り子となまはげがいる。クールな風貌ながら悪ふざけが好き。
■アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
72位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。