2007年12月 : あきた4コマち!


「秋田弁!単語カード」好評発売中です!


 
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第五話「拝聴」

005.jpg


今回は訳無いと難しいですので、以下訳。

1コマ目

「んだったて」  → 「そんな事言ったって」

2コマ目

「あいーっ、ばがしゃべすなッ」 → 「何ーッ、馬鹿な事喋んないでよッ!」

3コマ目

「んだはで」→ 『そんな事言ったって」

「おべだふりして」→ 『覚えたふりして」

「このホジナシッ!」→「この本地無しッ!」(馬鹿とかの意でよく使います)

「やがましねッ」→ 「やかましいッ」「うるさいッ」

「はんかくせごとばりゆーなッ」→ 「馬鹿みたいな事言うなッ」

『腹わりごどッ!」 →「ムカツクッ!」

ですね(汗)。
なんか訳すのが難しいのもありますねー。「ホジナシ」とかは普段結構使ってるわりには言葉の意味が分からなくて、調べてなるほど、と思えるのもありました。

『秋田弁では、近畿地方で古い時代に使われていた単語(いわゆる「古語」)が多く残っていると言われる。これは柳田國男の「蝸牛考」の「方言周圏論」に基づく考え方である。例えば「馬鹿・阿保」を「ほじなし」というが、「本地なし」=「小作農」より転化したものだと言われている。これは奈良時代に生まれた言葉で、馬鹿・阿保という言葉よりずっと昔からある。その昔は都で使われ、小作農を差別するための言葉だった。しかし、「馬鹿」「阿呆」など新しい言い回しの誕生により、じわじわと周辺部に押し出されて広がり、秋田に根を張ったのだと考えられている。』

以上「ウィキペディア~秋田弁~」より抜粋。

あ、今回登場した『六郷ミサト』の名字の読みは「ろくごう」です。
六郷町、今は美郷町になりました。なんかゴロが良かったので、、。
スポンサーサイト

第六話「憧憬」

006.jpg


「あぶ刑事」は「あぶない刑事」です。ミサトがなぜ「あぶ刑事」に憧れをもっているかといいますと、父親(40)が大ファンでテレビシリーズ、映画をちっちゃい頃から毎日ビデオdvdで観せられて摺り込まれてしまっていたからなのです。
かくいうワタシもこのドラマ、大好きでした。タカとユージのコンビはもちろんの事、脇を固める課長、トオル、カオル、中さん、パパと魅力溢れるキャスティングでサイコーでした。
この作品で横浜の街並みに憧れましたねー。山下公園、赤レンガ倉庫、中華街、元町、伊勢佐木町、、、こういった街並がすごく印象的でした。
現在はこういった痛快なドラマが無くて寂しいです。


、、、、、、、、、って4コマの内容は(汗

キャラ紹介その2「本荘ユリ」

chara02.jpg


えー「キャラ紹介コーナーその2」、今回は『本荘ユリ』です。

□生年月日      6月23日 15歳
□身長        158㎝
□家族構成      祖母、父母、兄(22)、妹(12)の6人家族
□趣味        体を動かす事、格闘技観戦
□住所        秋田市楢山南中町

生まれも育ちも生粋の秋田っ娘。元気が取り柄。
ガチャガチャな性格で大雑把。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。

第七話「譲渡」

007.jpg


「け」は秋田弁ではかなり使います。
「食べて」
「来て」
「かゆい」
とかです。このひとことで済んでしまいます。

さてユリの言い放った謎の言葉、「ぼだっこ」とは!?
はたしてみなせはこのおにぎりを食べれるのかッ!?

以下次回ッ!


、、、、、あ、そこのヒト「ぼだっこ」でぐぐったりしないようにー。
(笑)。

第八話「誘惑」

008.jpg


あきたこまちはおいしいです。いえ、地元びいきとかではなくてホントに。

私は奥さんの実家の実家から玄米を頂いてまして、それをコイン精米して食べております。
なんかふと考えてみると贅沢だなーとか思っちゃいますね。

その昔、県外に就職で引っ越した寮で食べたお米があまりにも、、、、、、、だった為、
いかに今までおいしいお米を食べていたのか、と実感しました。

キャラ紹介その3 「六郷 ミサト」

chara03.jpg


キャラ紹介第三回、今回は「六郷ミサト」です。

□生年月日 10月25日
□身長   160㎝
□家族構成 父母 弟(12)の4人家族
□趣味   映画鑑賞、ギター
□住所   秋田市楢山佐竹町

成績優秀で人望も厚い。ユリとは口ゲンカ友達。
少々妄想癖もある多感なお年頃。
あぶ刑事マニアでもある。

第九話「降雪」

009.jpg


今年の冬はまだそんなに積雪もなくて過ごしやすいですね。
でも大晦日から元旦にかけて寒気団が来るそうなので、ひえーってなカンジす。
一昨年のような豪雪はもう勘弁ですなあ。

雪のイメージってのは、北国と他の地域ではかなりの溝が有るのではないかと思います。
ロマンチック、奇麗、幻想的、、、、に対して北国では「寒い」「雪掻きツライ」「交通渋滞」、「滑る」「除雪車が夜ウルさい」とかですね。

そんなギャップを4コマで語りたいと思います。

ちなみに今回ちょっと絵の線を太くしてみました。あんまりワカンナイですよね(笑)。




おまけ
明烏さんのブログで紹介されてた『もってけ!セーラー服で秋田音頭 初音ミク」です。
こ、これはスバライシイですよ。

年越し

illust001.jpg


「俺は人間をやめるぞ! ジョジョーッ」


、、、、スイマセン、描いててふとあのシーンを思い出してしまいました。


さて年末年始のご挨拶絵ということで、『なまはげユリ」です。
今年も「わり子はいねが~ッ!、なぐ子はいねが~ッ!!」と山から降りてきます。
悪い子を懲らしめるのは良いと思うのですが、泣く子を懲らしめるのは勘弁かなあと。
っていうか、なまはげが来たから泣くワケですし(笑)。

そんなこんなで今年はイロイロあった年でした。でもこのサイトを始めたのが一番の自分ニュースですね。
そんなわけでまた2008年もどぞよろしくですー。
このブログについて
このブログは「秋田県」に関するネタを、4コママンガで展開しております。 秋田県に縁がある方もそうでない方も、どうぞお気楽にご覧ください。
■COUNT
■PROFILE

こばやし たけし

Author:こばやし たけし
4コママンガ描き イラストレーター
お仕事とかメディア掲載情報はこちら


秋田についての言葉、文化、食、土地柄とかをこのブログにて紹介しています。

ご意見、ご要望、依頼等は
akitayonkomachiあっとyahoo.co.jp(あっとを@にして下さい)までお願い致します。
お仕事の詳細については下のバナーをクリックしてください。

attakeban.jpg
イラスト、グラフィック、マンガ、オリジナルキャラクター制作サイト[studio at-take] ~スタジオ アットテイク~

■書籍化してます!!
twitter
■CATEGORY
■キャラ紹介
1
◇神宮寺みなせ
横浜から秋田に転校してきた女のコ。 秋田の風習や言葉等に戸惑いながらも日々奮闘中。
1
◇本荘ユリ
みなせのクラスメート。性格はかちゃましねぐってえふりこぎ。(口うるさくて、見栄っ張り)。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。
1
◇六郷ミサト
成績優秀で理論派だが、多少妄想癖が。ユリとは幼なじみでケンカばかり。
1
◇井川わかみ
隣りのクラスでユリの部活仲間。大食漢で食べ物に詳しい。
1
◇尾去沢かづの
口が悪く、短気で直情的。しかし怖いものが嫌いという面も有り。
1
◇八竜みたね
かづのの幼なじみ。穏やかだが腹黒い。
1
◇琴丘タツ子
みなせ達の担任で英語教師。英語と秋田弁を使いこなすバイリンガル。酒豪でもある。
1
◇矢島にかほ
理科教師。身内にマタギとババヘラアイス売り子となまはげがいる。クールな風貌ながら悪ふざけが好き。
■アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
527位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
72位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。