東日本大震災 : あきた4コマち!


「秋田弁!単語カード」好評発売中です!


 
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東日本大震災

3/11地震当日、私は御所野へと向かって車を走らせていました。

国道13号から横金線に交わる立体交差の付近で信号待ちをしようと
ブレーキを踏んだ所、携帯からけたたましい音が鳴り響きました。

「緊急地震警報」でした。

ちょっと呆気にとられていたら、即座にものすごい揺れが来ました。
信号機や道路案内板がぐらんぐらんと、波打つ様にうごめき、
車体はオフロードにでもいるかの如く、揺れておりました。

凄く長い時間揺れていた様な気がしました。

「いつ止むんだろ?、早くおさまってくれ」と願うしか無い状況でした。

幸運な事に先頭で信号待ちをしていたので、左右の安全を確認し
バイパスの下を即座にすり抜けて、見通しの良い広い道路に移動して
車を止めました。
車から降りて辺りを見回すと、まだ揺れています。
御所野の交番から来たと思われるパトカーがやってきて、
即座に交差点での交通整理をはじめました。

しばらくして揺れも若干おさまり、急いで家に戻ると
妻と息子が無事でほっとしました。
しかし、停電しておりストーブやテレビが使えない状態で
情報もままならず思案していた所、携帯のワンセグは映るんじゃないか?
と思い立ち操作してみました。
幸い、前日フル充電していたのでバッテリーは満タンで
バッチリ映りました。

臨時ニュースが映し出され、「震源地は東北太平洋仙台沖、秋田での震度は6」
という情報が。

しばらく、テレビの情報を見ていたのですが、
ちょっと地震の規模が大きかったので「この停電は長くなるんじゃないか?」
という思いが頭をよぎり、ダメ元で近所のホームセンターに向かい懐中電灯を
買い求めに出掛けました。
恥ずかしながら、こういった非常用の備えを全くしていなかったのです。
地震から約30分、まだ揺れは続いておりました。

近所の「コメリ」に向かう途中、やはり信号は表示されないままで
渋滞してました。皆安全を確かめながら、お互い譲り合いながら車を進めて
いたので、どうにか無事に辿り着けました。

隣接するスーパーはすでに「停電の為、休業します」の張り紙が。

しかし「コメリ」は店内が真っ暗ながらも営業しておりました。
災害時に必要であるものを、店の入り口付近に店員さんが一生懸命
かごに入れて集めておりました。
レジも止まってしまっているので、紙に値段を書いて電卓で集計して
会計作業を行っていました。

お店の従業員さんも家族や知人の安否が気にかかるはずなのに、
こうしたありがたい対応をしていただいて、本当に頭が下がる思いでした。

だいぶ人が増え始めてきたので、レジの手間を省くため余計な物は買わず、
懐中電灯と必要最小限なお菓子を買って、店を後にして家に向かいました。
道路はさっきより渋滞がひどくなってましたが、時間がかかったのは国道を横切る時だけで、
あとはスムーズに進めました。

気がつくと辺りは薄暗くなってきました。時間は夕方4時半を廻ったところ。
いつもなら娘がとっくに帰ってきてる時間帯なのですが、まだ帰ってきてませんでした。

電話回線が混乱してるので、学校からは連絡が来るはずは無いなと思い
急いで学校へと向かいました。

学校に到着すると、玄関前で先生がたが迎えにきた父兄に対応しておりました。
やはり電話やメールが全然機能しておらず、ご迷惑をおかけしました、と陳謝してくださいました。

娘を連れて家に戻ると、すっかり暗くなっておりました。
相変わらず、停電は復旧しておりません。

幸い、ガスと水道は無事でしたので、お湯を沸かして買ってあったカップラーメンと
まだ冷凍状態の冷凍食品のフライドポテトを揚げて食べました。

携帯の電池が不安だったので、あまり使用せず早く寝ようということにしました。
7時前には布団に入って、いつでも逃げ出せる格好で寝ました。

停電が復旧したのが土曜日の夜七時前でした。
やはり如何に電気に頼った生活をしていたのか、身に染みて判りました。

太平洋側で津波の被害に遭われた方、今も尚、避難所で苦しい生活を余儀なくされてる方、
原発の恐怖に晒されながら避難している方々を思うと、とてもやりきれません。

秋田は本当に東北のなかではほとんど被害の無かった県です。
すでに地の利を生かした援助もはじまっております。
私も直接支援できなくても、自分でできる範囲の協力はしよう、と
頑に思う日々です。
関連記事

この記事へのコメント

ご無事でなによりです - ろんぱん - 2011年03月16日 21:20:36

誰もが予想だにしなかった今回の大震災。

色々と大変な様でしたが、多少は落着けた様で何よりです。


それにしても…

被害の全容を知るにつけ、更に言葉が出なくなりますね。

いまだに行方不明な方々も多数との事ですが、一刻も早く
救助の手が届く事を願わずにはいられません。

避難所の方々も寒い中でい思いをされているのでしょう。
せめて早く暖かな日が迎えられるといいのですが。

それと、何よりも心配な原発の問題。

これ以上被災者の不安が募る事の無い様、何としても
最悪の結果だけは回避して貰いたいですね。

…言うだけで何も出来ない自分が歯がゆいですが。

- あったけ - 2011年03月21日 23:17:48

ろんぱんさん
メールでは失礼致しました。
あれからいろいろと現地の被害の全貌が見えてきましたが、やはりニュースを観る度に言葉がありません。

もし自分の身に同じ事が起きたら、どうなるだろうか?
と常に考えてる時間が増えました。

原発も日に日にどうにか厳しい事態は避けつつありますが、風評被害にて福島県が厳しい状況におかれております。

一日も早く、元通りの生活に戻って欲しい、と願って止みません。

トラックバック

URL :

このブログについて
このブログは「秋田県」に関するネタを、4コママンガで展開しております。 秋田県に縁がある方もそうでない方も、どうぞお気楽にご覧ください。
■COUNT
■PROFILE

こばやし たけし

Author:こばやし たけし
4コママンガ描き イラストレーター
お仕事とかメディア掲載情報はこちら


秋田についての言葉、文化、食、土地柄とかをこのブログにて紹介しています。

ご意見、ご要望、依頼等は
akitayonkomachiあっとyahoo.co.jp(あっとを@にして下さい)までお願い致します。
お仕事の詳細については下のバナーをクリックしてください。

attakeban.jpg
イラスト、グラフィック、マンガ、オリジナルキャラクター制作サイト[studio at-take] ~スタジオ アットテイク~

■書籍化してます!!
twitter
■CATEGORY
■キャラ紹介
1
◇神宮寺みなせ
横浜から秋田に転校してきた女のコ。 秋田の風習や言葉等に戸惑いながらも日々奮闘中。
1
◇本荘ユリ
みなせのクラスメート。性格はかちゃましねぐってえふりこぎ。(口うるさくて、見栄っ張り)。人懐っこく裏表が無い為思った事をすぐ口にするタイプ。
1
◇六郷ミサト
成績優秀で理論派だが、多少妄想癖が。ユリとは幼なじみでケンカばかり。
1
◇井川わかみ
隣りのクラスでユリの部活仲間。大食漢で食べ物に詳しい。
1
◇尾去沢かづの
口が悪く、短気で直情的。しかし怖いものが嫌いという面も有り。
1
◇八竜みたね
かづのの幼なじみ。穏やかだが腹黒い。
1
◇琴丘タツ子
みなせ達の担任で英語教師。英語と秋田弁を使いこなすバイリンガル。酒豪でもある。
1
◇矢島にかほ
理科教師。身内にマタギとババヘラアイス売り子となまはげがいる。クールな風貌ながら悪ふざけが好き。
■アクセスランキング
[ジャンルランキング]
地域情報
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
東北地方
77位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。